公務員試験に不合格、その後就活する?来年も受ける?就職留年したほうがいい?

5月位から始まった国家公務員地方上級などの公務員試験もひとまず採否がわかる時期ですね

スポンサーリンク

 C日程の筆記試験などもありますが、採用人数が若干名と言うところも多く、必ず合格するかといえば、わからないです。

これまでにどこか合格している場合は良いのですが運悪くどこにも採用がいただけなかったと言う方も結構いると思います。

そういう場合、これからどうしよう、

来年もう一度公務員試験を受けようか、

今から応募できる会社ってあるのかな?

そもそも民間の就活ってどうしたらいい?

と言うふうに迷っている人も多いです。

このように、現在大学4年生で公務員を志望していたけれどもどこにも合格がいただけなかったと言う人はこれからどういう風にしていけばいいでしょうか。

考えられる事としては3通りあります。

 これから応募できる民間の企業や準公務員などの団体職員などに応募する。

これから説明会がある会社、応募できる会社をリクナビやマイナビ全国のハローワークのインターネットサービスなどから探してみましょう。

これから応募できる会社ってあんまりないんじゃないかなぁ?

自分に合うところなんてもう残ってないんじゃない?

と思う人がいると思いますが探してみると結構いろんな会社があります。

昨今の売り手市場に伴って民間で就活している学生は複数の内定企業があり、

その中で第一志望以外の企業を辞退します。

ですので二次募集があったり秋採用したりする会社も結構あるかと思います。そういったところに応募する、

これから就活すると言うのが1つの方法です。

まずは探してみて自分でいろいろ聞いてみて納得できるような会社があったら就活してはどうかなと思います。

ただこの場合は早めに行動開始しないとほんとに今から応募できるところってどんどん少なくなっています。

スポンサーリンク

来春卒業してから次の公務員試験まで公務員学校に行くかまたは独学をして来年も受ける。

公務員試験は筆記試験が5月位から始まるので今から勉強をスタートするしても決して早すぎると言う事はありません。

特に今年筆記試験で不合格だった人はやはり勉強量が足りなかったと言うことがあるので今からスタートしたほうがいいですよね。

ただ周りが社会人になり自分だけ取り残された気持ちになることもあるかと思うし家庭の事情などもあるので、一概にこの方法が良いとは言えませんがどうしても公務員になりたいと思うなら、時期を決めて再挑戦するという人もいます。

知り合いの学生の方も昨年は全部落ちたところを今年はがんばって全部内定をもらった人もいました。

 


留年して来年公務員試験と民間の就活を並行する。

そして3番目は公務員になりたい、

でも今年は採用がいただけなかった

そして就活もうまくいかなかった

また今から就活する気がない、

今応募できる会社が自分の行きたい会社ではないと言う人

来年は今年のこともあり、公務員試験にどうしても合格すると言う確率は100%ではないので就職留年して来年は民間を受けながら公務員試験も受ける。

この場合は新卒カードを保持するためにも留年をしてそして来年公務員試験と就活を並行してすると言う方法になります。

大学に留年することや休学する期間など相談して民間の就活と公務員試験を平行することになります。

まとめ

どの方法にもメリットデメリット、

今年不合格だったが来年は必ず合格すると言う確率がないため、

孤独な勉強をしなければいけない、

それに対し自分がモチベーションが続くかどうか

と言うような不安があるかと思います。

なのでいろいろな周りの意見を聞き相談しよく考えて最終的には自分で結論を出さなければですね、

もし公務員試験再挑戦する場合は今年の公務員試験の振り返りをしっかりしてどういったところを次は強化すればいいかということを考えて行動する必要もあります。

再挑戦する方、今の悔しい気持ちをバネに頑張ってください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください