藤井四段の30連勝をかけた対局相手佐々木5段の目ジカラがすごい

藤井四段の竜王戦の次の対局がいよいよ今日ありますね。

藤井四段の通う中学校の副校長先生が

「数学の才能がある」とか

「対局次の日も疲れているとは思うけどきちんと授業受けている」

と藤井四段のことを褒めてらっしゃいましたね,グッズのジグソーパズルも発売されますます藤井フィーバーが高まっています。

対局相手の佐々木勇気五段がイケメンなことと、

藤井四段の対局を見に行っていた、

そこでの目ジカラがはんぱなかった、と話題になっていますね。

対局直前ですが

そのイケメンの佐々木五段について調べてみました。

 

 

佐々木勇気五段のプロフィール

佐々木勇気五段

 生年月日:1994年8月5日(22歳)
    スイス・ジュネーブ生まれ
    埼玉県三郷市出身
 師匠: 石田和雄九段

    棋士番号:280

 スイスのジュネーブ生まれってかっこいいですね。

ルックスもさわやかなイケメンで将棋も実力があるし

もてそうですね。

将棋界の「あだ名」では

「神童」と呼ばれているようです。

 

佐々木勇気五段の目ジカラがすごい

佐々木勇気五段は前回の藤井聡太四段の29連勝の対局に訪れ
鋭い目つきで見ていたため

「目ジカラがすごい」と話題になっています。

金曜日のモーニングショーの解説では

その目ジカラのワケとして

藤井四段が出現するまでは、佐々木五段が神童と呼ばれるくらい若手の実力者だけど、藤井四段が連勝記録など自分が達成したいと思っていた記録を次々とと塗り替えたからではないか、

ということでした。

そのためなみなみならぬ競争意識を藤井四段に対して持っている、

ということです。

きっと「自分が藤井四段の連勝記録を止めてやる」と誰よりも思っているし実力も凄いのですよね。

 

藤井四段の記録を止めるのは佐々木五段?

 

イケメンと言う事ばかりが話題になっていますが実力もすごいと言うことです。

16歳1カ月という若さでプロ入りし、

渡辺明竜王や羽生善治三冠を公式戦で破り、昨年は将棋大賞で最多対局賞を獲得したとのこと、

そのため明日の対局は激しいものになると予想されています。

どちらも実力は拮抗していると言うことなので対局が楽しみですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください