藤井四段、中学卒業は大丈夫?卒業後の進路は高校に行かず中卒?

藤井四段、見事29連勝、新記録を樹立しましたね。

次の対局は、

7月2日(日)9:30~

今回はイケメンと評判の佐々木勇気五段が対局の相手です。

日曜日なのでAbemaTVで中継みたいと思っています。

それにしても普段の対局はほとんどが平日だけど
中学校は休んで卒業は大丈夫なのかなーって思う人、多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

藤井四段、対局で中学は卒業出来るの?

愛知県瀬戸市出身の藤井四段ですが現在通っているのは国立で唯一の中高一貫校の名古屋大学教育学部附属中学校です。

中高一貫校ということなので、たぶん普通はそのまま附属高校に進学するはずですよね。

中学は「義務教育」なので単位制ではないため、授業を休んでも卒業は出来るということです。

ただいくら出席日数の決まりはないといっても、休みがちだから学校の友人との話題やいろいろな行事も参加できないこともあるでしょう。

遠足も対局のために休んだという話がありましたし、修学旅行も参加しているのしょうか?

うちの娘の中学、高校も中高一貫校であったのですが(私立ですが)、バレエでいつもコンクールに出ている子なんかは、練習を休めないからと修学旅行には参加しなかった子もいました。

藤井4段も中学生とはいえ、「プロ棋士」だから学校の行事よりは、やはり将棋中心の生活なのでしょうね。

ちなみに通っている名古屋大学教育学部附属中学校の先生方は進学して欲しいと思ってるでしょうか、

将棋界の新記録を次々と作っている天才だから応援したい、という気持ちもあるし、頭もすごく良いみたいだから進学しないのももったいない、、いろいろなら考えがあるでしょう。

普段の藤井四段は将棋の話は教室ではしないしサインなどもしていない、ということで普通の中学生活を楽しんでいる様子ですね。

 

 

藤井四段、中学卒業後の進路は?本人は中卒希望?家族は反対?

中学は出席日数に関係なく卒業は出来るとして、高校はやはりそうはいかないです。

年間を通じて対局がありそのたびに高校を休むことになると思うので、学力には問題なくても出席日数が足りなくなったりして両立が大変になることが予想されますよね。

実際藤井4段は「高校には進学せずに、上京して将棋に専念する。」ことを希望しているということです。

将棋の力が一番伸びる10代後半の時期に上京して将棋に専念する、この選択は「自分は将棋でやっていく。」ことを、決めているのでしょう。

家族は基本的には本人の考えを尊重する、というスタンスらしいですが、母親の裕子さんは「高校ぐらいは、、」とも思っているらしいです。(女性自身より)

中卒で芸能活動に専念し大成している芸能人や会社の社長さんでも中卒で大成功している方がいるので、普通の学生と比べて高校に行く意味はそんなに大きくないかもしれませんが、母親としては高校生活も経験して欲しい、と思うのかもしれませんね。その気持ちもわかります。まあでも天才棋士だから迷うんでしょうね。

スポンサーリンク

 

藤井4段の進路に関しての東スポ緊急アンケートの結果は?

藤井4段は中卒?それとも高校に進むべき?東スポが緊急アンケートを実施した結果、アンケート対象の50人全員が「中卒で将棋に専念」を支持したそうです。

確かに、なぜ高校や大学に行くか、というと大きな目的は就職のためですが進路がもうすでに決まり、その進路ですでに大成功し今後も活躍が期待されている藤井4段にとって、高校や大学に通う時間があれば将棋に専念したほうが良さそう、せっかくの将棋の才能を持って生まれたのだから、とは思いますよね。

どうしても高卒の資格が欲しい、と後に思ったら、通信制とか他の選択肢もあるし、大学に行きたいと思ったら大検を受けて社会人入試などもあるので。

ただ現在は大学もいろいろなAO入試などいろいろな枠で入学試験をしているので、高校もそのような特別枠で進学する可能性もあるのではと思いました。

どちらにしても、非凡な才能を持った藤井4段だからどのような進路を選んだとしても、そこで活躍されると思います。

連勝記録もどのくらいまで続くのか楽しみですね。藤井フィーバーが続きます!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください