退職代行サービスとは

テレビを見ていたら

退職代行サービス

について特集されていて興味を持ったので調べてみました。

「出社しなくても辞められる」

退職代行サービスとはどんなものでしょう。

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは
文字通り

退職したい人の代わりに
勤務している会社に本人に代わり退職の意向を伝えるサービス

簡単に言うと退職代行サービスの人が会社に電話して

「○○さんが退職したいという件で連絡させて頂きました~。」

と退職の連絡をするということで

テレビでは

毎日16時間働いていた美容師さんが退職代行サービスを利用して
会社を辞めたエピソードが出てました。

毎日16時間で風邪引いても休めない、
似たような話しを聞くことがありますが
「今は仕事がたくさんあるから、そんなとこ、辞めたらいいんじゃない?」

と思いますが

  • いざ辞めるとなると言い出しにくい
  • 会社からも引き止められる
  • 自分がいなくなったらどうなるのだろう、と心配になる、

そういうことをアルバイトの学生からでさえも聞いたことがあります。

辞めたいって言いにくい、ほんとに言えないって。

 

退職代行業者がしてくれること

退職代行業者とし
EXITが紹介されていました。

費用は

正社員 5万円

アルバイト 4万円

で、

これまで

約1300人が利用し、

成功率は100%

ということでした。

退職時には

健康保険証の返却や
年金や
有休の消化手続きなど
いろいろやることがありますが

退職代行サービスはこれらを代行するのではなくて

あくまでも退職したいことを伝えるだけのサービスだということでした。

 

退職したいけど言い出せない人が多い

こういうサービスが話題になっている背景には

  • ブラック企業
  • 中小企業の人手不足
  • 若者のコミュニケーション不足

いろいろあるということでした。

 

だからこのようなサービスを利用するのは

中小企業に勤める若者

が多いと言うことも納得できます。

 

大手企業であれば

「会社をやめたい」

と言えば

そんなに引き止められないだろうし

そもそもそんなに辞めたい人もいないし、

辞めるのにそんなにエネルギーもいらないということでした。

「退職する」という時

私も経験がありますがやっぱり言いにくいですよね、

どちらかとと大手企業だったけどそれでもお世話になった先輩、これからこういうことをとお願いされていた業務のことなど、心苦しいこともありました。でも別に辞めるとなるとそれは本人の自由だから、という感じでした。

ただ中小企業の場合はそうもいかないということです。

私の知り合いの学生も

退職したいけど上司がかわるがわる説得したり
先輩が退職することを知るとものすごくいじわるしてきたりで

結局親御さんが会社の上司と話し合い
退社することになりました。

(今は売り手市場だからそのうち

「内定辞退代行サービス」

なんて出てきたりして、、)

親が会社に退職の連絡をすることってどう?と思うけど
何回か聞きました。

だからこういう退職代行サービスを利用する人がいるのも
理解できます。

退職出来ることになって「ほっとした」

と言っていた美容師の感想が物語っています。

退職したいけどさせてくれないという時には労働相談サービスも

退職代行サービスとまではいかないですが

仕事に関して悩むことがあったら
厚生労働省管轄の総合労働センターもあります。

こちらは「退職代行」がメインではないですが

「退職したい」にいたるまでの

職場のパワハラなどについても相談できます。

とにかく、今の環境が悪かったらそこから出ることが一番です。

特に体に変調が出たら、その後働く時にも影響が出ます。

だから思い切って人に相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください