防災のことをきっかけに今後住む場所を考えてみた。防災グッズの紹介なども

北海道での地震、大きかったですね

被災地の方もとても大変な思いをされていると思います。被害がこれ以上ないことをお祈りします。

今年は台風や大雨、そして地震などいつどこで被災するかわからないです。

私も何度か地震にあったことがありますがその時にやはり携帯電話の充電が出来ないってすごく不安になります。

やはり情報が欲しいからです。普段から携帯が手放せないのに、台風や地震のときに充電切れ!って避けたいです。そこで

テレビで見ていてとても便利そうなものを見つけたのでご紹介します。

[ad]

防災グッズ①手回し充電式備蓄ラジオ

 

このラジオは手回し式でスマホも充電できると言うことで紹介されていました。 もし避難所に行ったときはもちろんテレビもないから情報源はラジオかネットということになります。 普段はラジオなんて聞かないけど 今、自分の住んでいるところがどうなっているのか知るためには 地元のFM放送を聴くのが確実ですよね。

 

防災グッズ②大容量モバイルバッテリー

テレビでも紹介されてたように、北海道の地震後にスーパーで長蛇の列となりました。

そこで並んでいた人の目的はやはりモバイルバッテリーでした。

アマゾンでも楽天でも大容量のものが人気です。

送料無料でおすすめです。

 

こういうものって買おうと思ったときに買わないといざと言うとき困るのでこれを機に購入しました。

自宅付近のハザードマップを確認しみた

自宅付近のハザードマップを確認してみる 私の家はどちらかというと地震よりは大雨の時の土砂崩れが心配です。 近くに山があるので、 そこで市のハザードマップを見てみると 「土砂崩れ特別警戒地域」 となってました。 やっぱり、、、 私は今の家に引っ越してきてからまだ5ヶ月ですが

夫はここに生まれ育っていて 「これまで一度もそんな危険なことになったことはない。」 と言ってます。

でもこれってお年寄りはみんな同じことを言っていますよね。 これまでにそんなことはないからと言って 今後ないとは限りません。 私の希望としては もっと便利なところに引っ越したいです。 それにはまだまだ道のりが長そうですが。

[ad]

防災のことをきっかけに今後住む場所を夫婦で話してみると、、、

周りを見ていても女性のほうは住む場所に対して便利な場所を望むことが多いけど

男性は自分の生まれ育った場所への思い入れが大きいから
どこに住むかって話しをするときに意見が分かれます。

私としては自分が生まれ育ったところが駅近の便利な場所だったので

これからは病院にも車を運転せずに行けるような便利な場所に住みたいです。

防災のことをきっかけに今後どんな場所に住むかについて考えてみて

改めて自分の将来の問題がわかりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください