悩んでいる時に使う魔法の言葉~「影響力が及ばないことに悩むのは無意味である。」

毎日生きてるといろいろな悩みが出てきますよね、
私も職場の悩み、家族の悩みなど
悩むことあります。

そのたびに思い出す言葉があります。

それは
「影響力が及ばないことに悩むのは無意味である。」

という言葉、

これはベストセラー「7つの習慣」という本に出てくる言葉です。

私たちの周りには
「関心の輪」と
「影響の輪」があって
「関心の輪」は自分が関心のあること、

私の場合であれば、
子供の受験、転職、
自分、夫の健康、
自分の副業、夫の仕事
母親、兄弟のこと
職場の人間関係、仕事の内容など
とにかく普段考えていることです。

この中で悩みのもとになっているものもあります。

そしてその中で「影響の輪」とは
「自分がどうにかすることが出来ること、

自分がコントロールすることができることがら」です。

例えば
子供の受験に関しては本人しか勉強自体はできないので
私の影響力が発揮できるのは
健康管理とかでしょうか、

職場の仕事内容などは自分ではなかなか決定権がないので影響力はないし
人間関係も相手があることだから
自分でどうにかすることは完全にはできません、

それに対して副業であれば
自分でできることはたくさんあります。

だから自分の影響力が及ばないことに悩んでも
エネルギーの無駄遣いで
影響力の及ぶことだけにエネルギーを集中して
影響力が及ぶ範囲を広げていった方がいい、
ということです。

この言葉を知ることで
悩みに対して
自分でどうすることも出来ないことには
極力エネルギーを注がず
自分で変えられること、自分の影響力が及ぶことだけに
気持ちと時間を注ごう!という気になります。

ささいなことのようですが
私にとって
繰り返し繰り返し唱えている大切な言葉です。

これまでいろいろなことに悩みを抱え
すぐに人に相談していました。

周りの人にも「今何か悩み、ありますか?」
と聞くと

「人と話すのが苦手」
「体の調子が悪い。」
「収入が低い。」
「仕事に行きたくないけど辞められない。」
「友達が少ない。」
「だんなとうまくいっていない。」

などなど、生きていれば皆なにかしら悩みがあります。

あの人すべてに恵まれてて悩みなんてないんじゃない?
と思われるような人でも
聞いてみると深刻な問題を抱えていたりします。

私も悩みを抱えているし
周りから相談を受けることも多くあります。

そのような時どうするか?

友人に相談する
解決策を調べる
占いで聞く?

私もかつては悩んだ時このすべてをやっていました。

でもそれで解決しないこともあるし
そもそも悩みを相談するのは
解決策というより
話を聞いてもらい、共感してもらいたいんです。

共感してもらう相手もいつもいつもだと大変です。

私もついつい悩みがちですが
この「影響力が及ばないことに悩むのは無意味である。」

を念頭にあらふぃふらいふを送っていきたいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください