就活ルールが撤廃される?メリットはある?大学生の子供を持つ母の立場から

就活ルールが撤廃されるというニュースがありました。

経団連の中西宏明会長は3日の記者会見で、2021年春以降入社の学生の採用活動に関し、大企業が中心の会員各社を対象に面接の解禁時期などを定めた就職活動ルール(採用選考に関する指針)を廃止する意向を表明した。中西氏は「経団連が採用日程を采配することに違和感がある」と述べた上で、新卒者の一括採用など現在の雇用慣行に疑問を呈した。

え、2021年春って

うちの息子が就職活動する年じゃない?

大変!!!

と思ったのが率直な感想です。

思えば大学受験でもセンター試験がなくなるという年の学生さんは大変だと思ってましたが

就活でも新しい制度が適用される初めての学年って混乱するのではないでしょうか?

それでなくても2020のオリンピック以降は景気は悪くなると言われて

就職活動もどうなるか分からない時期なのに、、、

大学生の子供を持つ親としてはこの就活ルール撤廃のニュースって

あくまでも個人的な感想ですが、あまりいいなとは思いませんでした。

これまでの就活ルールはどうだった?

これまで就職活動は

  1. 大学3年の3月からリクナビ、マイナビなどがオープン
  2. →いろんな会社説明会に参加しエントリーしてその後6月ごろの面接解禁時期に面接
  3. →内々定

という大まかなスケジュールがありました。

面接解禁になる時期については今年、去年は6月からでしたが

その前はたしか8月から

そしてそれより前は4月から、

など年によって変わってから

「今年はどうなんだろうー。」と思いながら活動している学生が結構いました。

毎年同じ時期に就職活動の時期が決まっていれば

先輩の体験談もとても参考になるし、

経団連の決めた解禁時期を守らない企業もあるけど

それはそれで織り込み済みでそれでも一応解禁時期が決まっている、

その解禁の時期をベースに就職活動は動いていました。

それをもとに大学2年までは、サークル、ボランティア、旅行、バイト、車校、遊びなど自由な時間を過ごして

公務員になりたいなら3年の5月くらいから公務員講座に通い

民間志望ならインターンシップに行ったりする

そんな感じの過ごし方をイメージしてきました。

過去にこんな記事で大学3年の夏休みの過ごし方を書いていたのも、現在の就活ルールをもとにアドバイスしてるし。

大学3年の夏休みのおススメの過ごし方~就活で話せるエピソード作り

でも今後就活ルールが撤廃されたら

1年生から内定があったりする学生も出てくるかもしれないし、

そうなると入学直後から就活?

それってどうなんでしょう・

大学に入るころにはこうなりたい、これを勉強したいと思っていても

いろんなこと、いろんな出会い、経験があってそれが変化するのが大学生です。

だから極端に早い時期の就活もどうなのかなと思います。

インターンシップを利用したりして早めに内定者を出してもその後も「もっと自分に合った会社があるのでは?」と就活を続けたりして

内定辞退者が今より増えそうだし、いつまで就活を続けるのかわからなくなりそうです。

とにかく就職活動の時期が決まっているのは

大まかな大学生活のスケジューリングが出来ているし

早ければ早いほど安心して勉強に打ち込める!って人も中にはいるとは思うけど、それはそれでとてもいいことなのだけど、みんながそうではないから

早く決まっている人が周りにいたらきっとうちの子なんてあせってしまうのではないかなー。

 

就活ルール撤廃のメリットは?

この就活ルール撤廃の目的は新卒一括採用ではなくて中途採用ももっとしていこうというものだと思います。

それに新卒での就活で失敗した、という方にとってはチャンスが広がるし。

でもそれは今でも「第二新卒」みたいなくくりで採用されることが多くなっているし

既卒3年以内も新卒と同様に応募できる機会をもっと多くの企業で増やしてもらえればいいことなのではと思いました。

まあでもユニクロとか通年採用している企業もあるし、

働き方改革という流れでだんだんこれまでの働き方が変わってくる時期なのでしょうね。

でもやはり新卒でどんなところに就職してどんな仕事をするかは

その後の人生に大きく影響を与えることだから

その年その年で簡単にルールを変えるというのはやめて欲しいなと思っています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください