ロボット掃除機ルンバ890を買って使ってみた感想

先日念願のロボット掃除機ルンバを買いました。

私が購入したのはルンバ890です。
今回はそのロボット掃除機ルンバについて実際に使ってみた感想をお話ししたいと思います。

ルンバを買ったきっかけ

以前から「ルンバは絶対買った方がいい」と周りで勧められたこともあるのですが、
高いし、細かいところとか掃除できないんじゃないのーって思って辞めていました。
でも今回引っ越して部屋が少し広くなったので思いきって買ってみました。

結論から言えばとっても楽になったののでおすすめです。

ルンバ890シリーズを選んだ理由

どうして890シリーズを選んだかについてお話ししたいと思います。

その前にどうしてルンバにしたかについても。

ルンバに決めた決め手

掃除機ロボットのなかでは一番有名ですし、それ以外に使っている人がいなかったので知らなかったのですがパナソニックや東芝製、ダイソン、neato(アメリカでは有名らしい)などがありました。

他のも色々見ましたが決め手の一番は値段です。
他の会社の掃除機ロボットは高いです。

平均で10万くらいです。ルンバは安いものだと5万切ります
値段から絞った結果、ルンバ、neatoの二つで迷いました。
同じような値段ならと思い、有名なルンバで選択しました。

どうして890シリーズを選んだのか

値段からいくと600シリーズ(641、690)が安いです。
最初は家電量販店でもこちらを勧められたのですが、下記の点で800シリーズに決めました。

理由として
・600シリーズから吸引力が5倍にアップ
花粉、ハウスダスト対応
・空気口が上についているので埃が舞わず空気が綺麗なる
専用アプリで遠隔操作可能
・掃除機の口がシリコンで出来ていてほぼ掃除がいらない
引っ掛かったら脱出する技術の特許を取っている。

ルンバ890を一週間使ってみて

携帯のアプリでボタンを押すだけで掃除してくれて、終わったら勝手に充電してくれます。
とっても楽です。
「細かいところは掃除機じゃないと。。。」と思っていましたが全く要らないです。
ルンバで掃除できないところは掃除機でもできません。
コードに引っ掛かったり落ちているペンに引っ掛かっても脱出機能があるので問題なかったです。
カーペットや他の部屋へも段差を乗り越えて掃除できました。
階段は高低差を検知して落ちませんでした。

ルンバ890のちょっと気になるマイナスポイント

使ってみてルンバに限ったことではないですが少し気になるところがありました。
マイナスポイントもお話ししたいと思います。

軽いゴミ箱には気を付ける。
ルンバが押すと倒れてしまうような軽い置物があると倒れてしまいます
遠隔操作だと倒れても気づかないので注意が必要です。
壁につけたりの配置の工夫が必要です。

掃除履歴マップはカメラ機能がついている900シリーズのみで800シリーズにはついていません。
カメラで家の形状に掃除履歴を表示してくれる機能なのですが、あったら便利だなと思いました。
960の機種だと1万くらいの価格差なので余裕がある人はそちらをお勧めします。

まとめ

このようなマイナスポイントもありはしますが

結論から言って「どうして早く買わなかったんだろうー。」と後悔するくらい
買ってすごく良かったと思って周りにも薦めまくっています。

私の場合は890シリーズで満足しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください