無期転換ルールとは?5年働き続けたら自動的に無期雇用になる?

平成30年4月から「無期転換ルール」が始まりますね。
契約更新しながらパートで働いている人にとっては朗報だと思います。

無期転換ルールとは

無期転換ルールとは
同一企業で5年を超えて働いている人が申し出れば「無期雇用」に切り替えて働ける
というもの。

例えばこれまで1年単位の更新制で働いていて
「今度は更新されるかな、これまで更新してもらっていたけどもう今年で終わりかも、大丈夫かな」
更新前になると毎回心配していた人も多いと思います。

そんな人でも5年続けて同じ会社から雇用されていたら

「無期雇用を希望する」と自分で申し出れば

会社側はそれを拒むことができないためずっと働き続けられることができるのです。
この制度を使えば安心して働くことが出来るようになりますね。

「無期雇用」になったら正社員になるの?

ただし誤解している人もいるかもしれないのですが

これは「無期雇用」であって

「正社員になる」ということではないのです。

そもそもこれまでは正社員と非正規社員の大きな違いは

無期雇用か有期雇用かでした。

つまり

「ずーっと働けるか、働ける期間が決まってるか。」

ってことですね。

でもこの無期転換ルールが出来たため

その「働く期間が限られているか?」

は正社員、非正規社員の大きな違いではなくなりそうです。

ではどんなところが違うのでしょうか。

それは給与体系…昇給、賞与、など

ほかに、昇進、転勤の有無など

正社員であれば、毎年昇給があって給与が上がったり

ボーナスもあることが多いですが、無期雇用になったからといって

これまでボーナスがなかった人もボーナスがもらえるようになるとは限りません。

また昇進して係長になって転勤もある、ってことも無期雇用になったからといってそういうことになるとは考えにくいですし、そもそもそんなことを望んでいない人が多いですよね。(昇進とか転勤とか、責任のなる立場になるとか)

無期雇用があてはまらない特例もある

また無期雇用があてはまらないケースもあります。

それは「定年後に嘱託などで引き続き雇用されている人」

「国家公務員、地方公務員」

他にも専門的な業務に携わる人など特例はあるようです。

詳しくは厚生労働省のサイトで確認して下さい。

無期転換ルールが出来たための雇い止めも発生している?

このルールが出来たため、会社としてはこれまで予算に応じて雇ったり雇わなかったり出来ていたのが出来なくなってしまいます。

だから5年目になろうとしている人に対し、雇用の更新をしない、「雇い止め」も発生しているみたいです。

これまで働き続けてやっと5年目になろうとしていて、無期転換ルールを申請しようとしたら、その前に「もう更新しません。」と言われたらショックです。

このような対応をされた時の相談先として

「無期転換ルール緊急相談ダイヤル」

 

が開設されています。

パートで働き出して5年越えてるけど、実際誰もそんなことやってない、とか他にもいろんなケースが考えられるので、いざという時の相談先としてこういう相談先を知っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください