就活に使う履歴書はどんなことを書く?パソコンで書いてもいい?

大学生の就活ではエントリーシートで応募することがメインなので

「履歴書って書くことある?」

と聞かれることがあります。

民間企業を受けるとき、オープンESや企業のESがほとんどで
「履歴書を出すところなんてあるの?」
という人もいますが、

手書きの履歴書を書いて出す必要があるところが結構あります。

履歴書提出が必要な企業は結構ある

今年は全日空がAI導入?とかいろんな変化があるかもしれませんが、

手書きの履歴書や手書きでESを提出させる企業って結構あります。

パソコンだと間違ってもすぐに直せるしよくある「400字以内」などの文字制限も簡単に文字カウントできるのですが、

手書きは間違ったら最初から書き直さなければいけないから大変です。

一生懸命きれいな字で丁寧に書いたのに、最後に書いた「趣味、特技欄」で間違ってしまった、

最初からやり直しだーってこともよくあります。

なぜ手書きの履歴書を提出させるのか?

それは手書きの文字を見ると応募している相手のことが驚くほどよくわかるからです。

以前採用活動のお手伝いをした教育関連の企業でも
毎年手書きの履歴書を提出してもらっているということでした。

その履歴書はオリジナルのフォーマットで

左側が高校からの学歴やアルバイト歴、趣味特技、サークル活動など一般的な記載事項があって、右側は

  • 「あなたにとって働くとは?」
  • 「あなたが【この出来事があったから変わった】というきっかけを教えてください。」
  • 「これまで一番感謝している人に300字以内で文章を書いてください」

など結構考えなくてはいけない内容で

書類選考の段階で

  • ぎっしりと書いてあり、しかもよく文がまとまっている人
  • どれも1行も書いていない人
  • 文字も適当に書かれていて誤字脱字がある人
  • 字が大きすぎる人や誰かが書いたような言葉をコピペしているような人

いろいろいました。

人事担当者が

「こういうことを面倒がらずにきちんと考えて丁寧に書いてくる人をうちは求めているから。」

とおっしゃっていたように

手書きで書かれている応募書類はやはりPC作成のものより採用側から見ると相手の性格や熱意がよりわかってきます

履歴書はどんなことを書く?

学生が就活に使う履歴書は生協で販売している大学の名前が書かれた履歴書を使うことがほとんどだと思います。

一般的には左側に

〇年 4月  〇〇高等学校入学

から始まり、

〇年 3月  〇〇大学△学部̻~学科卒業見込み

となります。

右側は

  • 学生時代に特に力を入れて勉強したこと
  • 自覚している自己の性格
  • 学生時代に力を入れたこと
  • 趣味特技
  • 自己PR

などでしょうか。

ほとんどオープンESと変わらないですよね。

こういうことを書くにはある程度時間がかかるし、添削してもらったほうがいいので、まずは早めに自分で書いて誰かに見てもらいましょう。

就活解禁の3月までにやることは?冬のインターンシップや自己分析など

理系の人の技術面接でも履歴書が必要

理系の人は文系が50社エントリーするとしたら

理系は多くて10社くらいでしょうか。

研究室によっては就活どころではない人もいるかもしれませんが、それでも就活の準備は必要です。

選考方法でESだけではなく

履歴書の提出が求められたりするので

推薦を使って就職予定でも履歴書にどんなことを書くか?は先輩に聞くなどして前もって準備しておきましょう。

また技術面接で研究内容をプレゼンテーションするものでも、最初に自己紹介のパワーポイントが必要となることもあります。

すぐには出来ないのでそれが必要であれば早めに準備しておきましょう。

まとめ

  • 就活の履歴書で手書きが必要な企業が結構ある。
  • 手書きは驚くほどに応募企業への本気度が伝わる。
  • 履歴書の記載内容はオープンESと同じようなものなので前もって何を書くか準備しておくことが必要。
  • 理系でも応募してから提出期限が早いことがあるので最低限の就活準備は必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください