定年後の生活~何歳まで働くのがいいのか

  • 定年を迎えたけれど、年金が満額もらえるまでは働かなければ、
    と考えて、60歳過ぎても働いている人って多いですね。

今の60代は見た目も若いし気も若いから人手不足もあって思っているより需要もあります。

スポンサーリンク

 定年後の働き方ってどんな方法がある?

60歳定年後の働き方は大きく3通りあります。

①それまでいた会社でそのまま再雇用制度などを利用して働く。

②定年後、就活したり、知り合いのつてなどで
新しい職場で働く。

③自営する。

私の旦那さんは①のパターンで
定年を迎えその後嘱託として働き続けています。

旦那さんの会社では60過ぎても雇用してくれるため
ほとんどの人がそのまま65歳まで働いています。

定年後も働く理由

働く理由としては

  • 年金をもらえるけど65歳までは満額もらえないから
  • 仕事をしない生活になると何をしていいかわからないから
  • 健康のために働く
  • やりがいのために働く

このような理由があるかと思います。

(むしろすべて当てはまるのでは)

でも中には

これまで部長とか支店長だった人が

嘱託の平社員となるため

人から使われる、人に頭を下げるのが嫌

辞めてしまう人もいるみたいです。

以前の自分が捨てきれなくて
プライドが許さないのでしょうね、

でもまだこれはいいほうで

②のパターンの60歳で定年退職して

それから65歳くらいまで働きたい、と職を探すとき

「これまでの経験を活かして
人を指導する仕事がしたい」

などと考えると

そんな仕事はほとんどありません。

私の母親もそのように仕事を探していましたが

あまり希望する仕事がなくて

掃除とかコンビニとかしかないと話していました。

そういえばコンビニは

シニアが活躍していますよね。

短時間働いていろいろな人と接するのは
世の中の動きも知れて楽しいかもしれませんね。

最近は保育園でも保育士さんの補助として

シニアが活用されるお仕事があるそう。

ただ体力的にも難しい、となり
母は結局は定年後は働かず家にいました。

コンビニも仕事が煩雑で覚えることが多く
断念しました。

 

残るは③の自営のパターンですが

これも母が「ほっともっと」のフランチャイズをしたい、

と言っていたのですが

父の反対にあい、あきらめました。

資金がかかる上に経営がどうなるか、リスクが多すぎますからね。 

スポンサーリンク

あらふぃふの今から定年後の働き方の準備をしておくには

このように親や主人の定年後を見ていて

私は自分のビジネスを持ち、

定年関係なく収入を得たいなと考えています。

そのために少しづつですが

時間とお金を投資しています。

自分の子供と同じくらいの若い方に
インターネットのことを聞きながら

定年後も収入の心配をしなくてもいいように
今新しいことに挑戦しています。

母の時代にはそういう手段がなかったので
資金がないと自営はできなかったけれど今はあります。

でもこれは考え方次第です。

いずれにしても

何歳まで働くかや

働くとしたらどのような形態で働くか

決めておいたほうがいいと思います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください