みそかもうでとは、ミソカモウデの効果について(体験談)

明けましておめでとうございます。

今年も「あらふぃふからの自分らしいファッション、働き方、生き方」を軸に

疑問に思って調べたことや

仕事上を通して役立つなと思ったことなどを

ブログに書いていきます。

お正月は初詣に行く予定ですがその前に昨日の大晦日、娘と「みそかもうで」に行ってきました。

スポンサーリンク

「みそかもうで」とは

毎月30日に神社に行って「ありがとうございました。」という儀式です。

三十日詣を知ったきっかけになったさとうみつろうさんによると、

あなたが、幸せになるために、一番簡単な方法は、ミソカモウデをする事です。

ということです。

三十日詣を始めたきっかけ

「神様とのおしゃべり」著:さとうみつろつ
の本を友人から教えてもらいました。

 

 

半年前、会社で上手くいっておらず落ち込んでいたときに教えてもらってから、
半年間かかさずいっています。

三十日詣のやり方

毎月30日、もしくは31日に神社に行きます、
その時「会社の人たちと上手くいきますように。」とか「息子の受験がうまくいきますように。」など願い事ではなく、

「おかげ様で今月も健康に過ごせました。仕事も忙しいけどなんとか無事にこなせました。」「今月は息子の模試の成績が上がりました。」「体制が変わって残業が少なくなり自分の時間が持てるようになりました。」など、一ヶ月あったことを感謝します。

そのほかに

  • お賽銭は300円
  • なにかおまじないのような謎の言葉をいうらしい

というような決まりもありますが後から知ったので、今のところやってません。

三十日詣の効果

・感謝することで物事の良い面に目を向けられる
私は割りとマイナスな部分に着目しがちなので、そういう人や、落ち込んでいる人にはいいです。

三十日詣を始めて半年間で起きた良いこと

  • 会社の人間関係に悩んでいましたが、異動して人間関係が改善しました。
  • 残業が0になりました。
  • 会えてなかった大学の友人に沢山会えました。
  • 資格試験に合格しました。
  • 痩せたと周りに言われるようになりました。
  • 落とした携帯が戻ってきました。
  • 三十日詣を主人や友人と行けました。

こうして改めて数えてみるといっぱいありますね。

 

三十日詣で気付いたこと

意外と神社に行ってお参りしている人は多いです、そして大体毎回お参りしている人は穏やかそうな人が多いです。
自分を振り返る時間と考えて行くと三十日詣は楽しめていけると思います。
綺麗な写真も撮れるし、時間が空いたとき、落ち込んでる人がいたとき、
友達や家族を誘って行ってみてください!

私は今年も三十日詣、毎月続けて行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください